キャッシングカードとクレジットカードの違いは?

http://xn--z8jr9cym8ag6rc53a5b6ec6920h4ntbk3zb.com/

キャッシングカードは、消費者金融や銀行などの金融機関から発行されている現金の借り入れ専用カードのことです。基本的に、無担保で、保証人を付けずに借り入れできることから、申込者が信用に値する人物か審査を受ける必要があります。審査時に限度額が決められ、その範囲内でキャッシングカードを使って、ATMから借り入れをします。消費者金融から借りる場合には、総量規制の適用を受けるため、収入の3分の1を超える借り入れはできず、専業主婦やアルバイトをしていない学生は申し込みができません。銀行では、金利が低く、専業主婦や学生でも申し込みの対象となる場合もありますが、審査が慎重に行われるため、即日での融資が難しい場合があります。金融機関では、民法により金銭の貸し借りの契約が無効となるため、20歳にならない未成年はキャッシングカードの発行はできない可能性が高いです。
クレジットカードについては、申込時に信用度を見るために審査を受けるのはキャッシングカードと同様で、値するだけの利用限度額がつけられます。審査に通った場合は、カード会社の会員となり、加盟店でショッピングした場合の後払い契約をし、その会員証として発行されるのがクレジットカードとなります。クレジットカードを提示して、本人確認のサインをすることで、カード会社に立て替えてもらい、後で支払いをすることになります。ショッピングの後払いが主な目的なので、限度額の中にキャッシング枠を設け、その範囲内でお金を借りることが可能となりますので、キャッシングカードで借り入れするよりも少なめの限度額となりますし、金利も高い傾向にあります。
比較的まとまった額を借りたいならキャッシングカードを発行するといいですし、海外旅行や出張等で、チップの分だけ現地通貨を少し欲しい場合などで使うならクレジットカードのキャッシング枠を利用するといいでしょう。